加賀乙彦の通販レビュー

            

新装版 高山右近 (講談社文庫)

価格:907円 新品の出品:907円 中古品の出品:803円
コレクター商品の出品:1,750円
カスタマーレビュー
本能寺の変と明智討伐。禁教令を布く秀吉への高槻城開城。前田家に身を寄せた後、家康からの国外追放。戦国の世に<清廉にして智の人>として刻まれるキリシタン大名・高山右近。すべてを捨て、信仰を貫いたその生涯を渾身の筆致で描く。カトリック教会「福者」に列福した殉教者の揺るがざる魂とは。*「福者」 死後、徳と聖性を認められた信者に、カトリック教会より与えられる称号。
新装版 高山右近 (講談社文庫)

価格:756円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
本能寺の変と明智討伐。禁教令を布く秀吉への高槻城開城。前田家に身を寄せた後、家康からの国外追放。戦国の世に<清廉にして智の人>として刻まれるキリシタン大名・高山右近。すべてを捨て、信仰を貫いたその生涯を渾身の筆致で描く。カトリック教会「福者」に列福した殉教者の揺るがざる魂とは。*「福者」 死後、徳と聖性を認められた信者に、カトリック教会より与えられる称号。
宣告 (上巻) (新潮文庫)

価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:386円
コレクター商品の出品:1,900円
カスタマーレビュー
独房の中、生と死の極限で苦悩する死刑囚たちの実態を抉りだした、現代の“死の家の記録”。
宣告 (上) (新潮文庫)

価格:2,160円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:220円
カスタマーレビュー
全員が殺人犯のゼロ番囚たちは拘置所の二階に収容されている。死刑宣告を受けた楠本他家雄は、いつ「お迎え」がくるかおびえている。
宣告 (下巻) (新潮文庫)

価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:80円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー

宣告 (下) (新潮文庫)

価格:1,620円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:353円
カスタマーレビュー
一人の青年の精神の軌跡を通して、迷える魂の救済を追及した「感動の大作」完結!
宣告 (中巻) (新潮文庫)

価格:767円 新品の出品:767円 中古品の出品:378円
コレクター商品の出品:500円
カスタマーレビュー
p.now("a","tellmemorelinkdata").execute(function(a,tellmemorelinkdata){ if(typeof tellmemorelinkdata !== 'undefined'){ a.state('lowerpricepopoverdata',{"trigger":"ns_2yar6cv08r5zk7d985hb_44501_1_hmd_pricing_feedback_trigger_product-detail","destination":"/gp/pdp/pf/pricingfeedbackform.html/re
きのこ文学名作選

価格:1,404円 新品の出品: 中古品の出品:6,351円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
読書界はじめての「きのこ文学」アンソロジー。さまざまなきのこ関連の著作で注目を集める飯沢耕太郎の最新作にして決定版。数多の日本文学作品(古典・小説・詩・童話)のなかから、珠玉の「きのこ文学」16作品を集めた一冊。ブックデザインは、きのこ好きで有名なブックデザイナー祖父江慎(コズフィッシュ)。きのこファンが待っていた、この冬話題のきのこ本!
悪魔のささやき (集英社新書)

価格:734円 新品の出品:734円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー
人は意識と無意識の間の、ふわふわとした心理状態にあるときに、犯罪を犯したり、自殺をしようとしたり、扇動されて一斉に同じ行動に走ってしまったりする。その実行への後押しをするのが、「自分ではない者の意志」のような力、すなわち「悪魔のささやき」である―。精神科医、心理学者、そして作家として半世紀以上にわたり日本人の心を見つめてきた著者が、戦前の軍国主義、六〇年代の学園闘争、オウム真理教事件、世間を震撼させた殺人事件など数々の実例をもとに、その正体を分析。拝金主義に翻弄され、想像を超えた凶悪な犯罪が次々と起きる現代日本の危うい状況に、警鐘を鳴らす。
悪魔のささやき (集英社新書)

価格:29,160円 新品の出品: 中古品の出品:1,395円
コレクター商品の出品:1,980円
カスタマーレビュー
人は意識と無意識の間の、ふわふわとした心理状態にあるときに、犯罪を犯したり、自殺をしようとしたり、扇動されて一斉に同じ行動に走ってしまったりする。その実行への後押しをするのが、「自分ではない者の意志」のような力、すなわち「悪魔のささやき」である――。精神科医、心理学者、そして作家として半世紀以上にわたり日本人の心を見つめてきた著者が、戦前の軍国主義、六〇年代の学園闘争、オウム真理教事件、世間を震撼させた殺人事件など数々の実例をもとに、その正体を分析。拝金主義に翻弄され、想像を超えた凶悪な犯罪が次々と起きる現代日本の危うい状況に、警鐘を鳴らす。【目次】はじめに 二十一世紀の日本を蝕む悪魔のささやき/第一章 悪魔はいかにして人を惑わすか/第二章 日本人はなぜ悪魔のささやきに弱いのか/第三章 人間を嘲笑い破滅させる、ささやきの正体/第四章 豊かさを餌に太り続ける現代の悪魔/第五章 いかにして悪魔

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア 螟ァ蝙  譚ア莠ャ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ケ繧ソ繝繝峨Ξ繧ケ  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 螟ァ髦ェ  繧ソ繧、繝、 シ托シ励う繝ウ繝  繝。繧、繧ッ 蟆る摩蟄ヲ譬。  荳ュ蜿、繧ィ繧「繝ュ繝代シ繝  繝ォ繝√Ν  縺薙←繧ょソ逅 譚ア莠ャ  譁ー逕溘ず繝」繝代Φ謚戊ウ縲蜿」繧ウ繝  繝輔ぅ繝繝 繝帙Φ繝 荳ュ蜿、  繧キ繧「繝ェ繧ケ 蜉ケ譫